子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学5年生になりました。中学受験へ向けて準備中!

子供から言われたショックだった一言

子供から言われたショックだった一言

私が親に遊んでもらえなかったので「私は子供と率先して遊んだ」と思っていた。

私の場合

私は子供の頃、家族から邪魔者扱いされて育ち、遊んでもらった記憶と言ったら、父親とキャッチボールを2、3回したくらい。

でも、遊び要素や会話はなく、ただキャッチボールするだけだから、まったくおもしろくなかった。

母親と買い物の帰りに公園に立ち寄っても5分程度しか遊ばせてもらえなかった。

家族旅行は、父親の会社が提携している施設で、毎回、大分県の別府だった。

今では映えスポットとして人気だが、子供頃の地獄めぐりのリピートは、本当に地獄だった...。

その頃の写真は、全然楽しくないので、すべてふてくされた顔で写っている。

子供が色の付いたお湯を見てまわって、楽しいはずがなかった。

子供の場合

子供と公園へ行ったら、1時間以上は一緒に遊んだし、家族旅行もたくさん行った。

それなのに子供は、あまり覚えていない様子...。

一番楽しかった思い出は?の質問に、絞り出した子供の答えはおばあちゃんとの将棋

はぁ? かなりショックだった。

まさか、私の天敵だった妻の母親との思い出が一番楽しかったと...。

私から金を巻き上げ、タダでコキ使い、嫌味ばかり言う最低な人だった。

私たちの子供を「私が育てる」と言い出して、振り回し続け、私と妻を精神病院通いにさせた張本人だ。

孫には甘かったようで、嫌な部分は見せなかったようだね。

お金を蓄えるのが好きだったようで、生前は超ドケチだった。

お金を増やすだけ増やして、亡くなった後のことを考えていなかったから、未だに処理が大変みたいだ。

生前、気前よくご馳走などしていたらよかったのにね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク