子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学5年生になりました。中学受験へ向けて準備中!

幼かった子供にもう一度会ってみたい

幼かった子供と会いたいし、話してみたい

スマホの待ち受け画面の画像をランダム表示にした。

そうしたら、いろんな表情の幼かった子供が毎回、かわいく表示され、懐かしさと切なさが入り乱れる。

そうしたら「幼かった子供にもう一度会ってみたい」と思うようになった。

子供が幼かった時、私と妻の2人とも精神状態が不安定で記憶が曖昧になっているからだ。

正直どうだったか、あまり思い出せない。

実際に2人とも精神病院に通院していた。

天敵であるお義母さんに原因がある。

子供が赤ちゃんの頃から、かなり振り回され、生まれた時に「私が育てる」から始まり、毎日のようにああしろ!こうしろ!の指示が飛んできた。

「私が育てる」発言は、怒りがちなお義父さんとお姉さんから逃げるための口実と思われた。

夜泣きで、なかなか夜が寝れない状況なのに、昼間ウトウトしていたら、お義母さんから「すぐ連れて来なさい」との電話。

断ったら妻がお義母さんから無視されたり、怒りをぶつけられた。

本当に電話の着信が怖かった。

私も妻もその頃、流れていた音楽が流れると恐怖が蘇り、すぐ消すようにしている。

でも、最近になって音楽は聞き流せるようになってきた。

お義母さんは3年前にガンで亡くなったが、30年前以上からガンが再発する度に「もう◯ぬ◯ぬ」発言を繰り返し、周りを振り回してきた。

ガンの末期症状の腹水になり、医者がもう回復はみられないと自宅治療になり亡くなった。

あれだけ振り回したにも関わらず、遺書がなく、亡くなった後、どうしてほしいのか遺言もないから、お寺やお墓もどうしていいのか困惑した。

今では、口をきかない程、仲が悪かったお義父さんと同じ墓に入っている。

私と妻は「そこのお墓だけには絶対入らない」と言っている。

できたら、お義母さんのいない時代に楽しく子育てしたかった。

子供は男の子だから少し憎たらしくなってきているが、今の子供を見られるのは今だけっと記憶に残るよう見ていることがある。

そんな時、子供は「かわいいからって、そんなに見らん」と言ってくる。

写真は多いと思うけど、動画が少ないから時間がある時に編集して子供の誕生日に試写会したいなぁ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク