子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

家庭訪問で屋上に閉じ込められる!?

今日は、小学校の家庭訪問の日

家庭訪問はコロナ禍により、先生が家の中にあがらず、玄関先で5分程度、話すということ。

子供が1年生の頃は、普通に部屋の中にあがられたが、2年生は中止、3年生はリモートでの家庭訪問だった。

住んでいるマンションはベランダが狭く、洗濯物が干せないので、屋上が開放されている。

でも鍵があり、各部屋の人が鍵を持っており、住んでいる人だけ自由に行くことが可能。

よって、妻に「屋上で先生と話したらいいのでは?」と言い、屋上に行ったようだ。

その間、私と子供は近くの神社へお参りに行った。子供が「鬼ごっこをしよう!」と汗だくで走り回っていた。

しかし、子供が「トイレ!」と言い出し、どうやら(大)のようだ。

神社のトイレはコロナ禍により使用禁止になっている。

よって、マンションの下まで戻って来ていたら、妻から電話があり、終わったのかなっと思ったら、屋上に閉じ込められたとのこと。

先生と話し合っている時に、洗濯物を取りに来た人が鍵を閉めて出ていった。

屋上のドアの外側には鍵を開けるのが付いておらず、どうすることもできないようだ。

マンション自体の修繕工事の時、ドアを変更しており、以前は外側からロックの解除ができたが、なくなったみたい。

ドアノブが握って回すものから、部屋のドアのような上から下へ下げて開けるものになっていた。

修繕工事をした会社が手抜き工事をしまくっており、今だに揉めている...。

さて、子供がトイレと言っていたから、マンション下にいてよかったし、妻がスマホを持って屋上に行っていたから、連絡できてよかった。

すぐにマンションの理事長の部屋に行ったら、居てくれて鍵を借りることができた。

先生はうちが1人目なので、もし閉じ込められたままになっていたら、かなりの時間のロスになっていたことだろう。

幸い早めに脱出できてよかった。

以前なら管理人が居てくれたが、今は管理人が午前中だけに変更になったから、管理人に鍵を借りる時間が短くなり、今後、閉じ込められたら大変になるというのがわかった。

5分程度で事件が起こることは思ってもみなかった。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク