子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

親ガチャ|親を選べない子供たち

親ガチャという言葉が流行っているみたいだが、親ガチャとは、親を自分では選べないことをアプリゲームのガチャのように表現されている。

f:id:fukumiminet:20210921174342j:plain

親からの暴力、兄弟と比較、ダメな子と扱われて育った私もそう感じたこともあった。

なんで、この家族に生まれてきたのだろう?と思ったことも多々あった。

しかし、もっとひどい家庭もあったから、それに比べると恵まれているのかなっと思ったことも...。

親兄弟が一緒に遊んでくれなかったので、幼稚園の頃から1人で外に遊びに出掛けていた。

でも、続けて遊んでくれる友達がいなく、あちこちと友達の家に行っていた。

1日目、楽しく遊んでくれ、2日目、ちょっと嫌そうな感じを出され、3日目、親戚が来ると嘘を言われるのが通常の流れだった。

ピアノやスケボーなど「一緒にやろう!」っと言ってくれる友達がいたら、何かに打ち込んでいたかもしれない。

今のように情報が入ってこなかったから、何をやっていいのかわからなかった。

逆にうちの子供はできる限り一緒に遊んでいるので、外に1人で出掛けて友達と遊ぶことはない。

まだ1人で「友達と遊んでくる」と出掛けたことはないのだ。

私が親兄弟と遊んでもらえなかったから、できるだけ一緒に遊び、または、いろんな体験をさせようと思っています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク