子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学5年生になりました。中学受験へ向けて準備中!

帰省したくないお正月

1年で一番嫌いな日がお正月

またお正月がやってくる。

1年で始まりの日が一番嫌いな日だ。

早く帰省しなくていいお正月がやってきてほしい。

妻の母親が亡くなって軽減するかと思いきや、より私の母親が嫌になった。

作り笑顔で集まるのは、いい加減もう、ウンザリ...。

嫌いな母親

私の母親は、異常に世間体を気にし、外面はいいが家では人の悪口を言い続け、平気で嘘をつく。

それらは無視すればいいが、人によって差別するのが一番嫌なのである。

兄と弟の私では、兄を溺愛し、私はダメな子として育てられた。

兄の意見は通り、私の意見が通ることはなく「ダメ」と言われることはわかっていたので、親に相談することはなかった。

ほとんど親に遊んでもらったことないし、勉強は九九までしか教えてくれなかった。

兄を叱っているところは一度も見たことないが、私には暴力がひどかった。

兄が悪い場合でも私が怒られた。

近くに児童養護施設があったら、入りたいと真剣に思っていた。

嫌いな父親

父親は野球、相撲、マラソン・駅伝のテレビをずっと見ており、テレビに向かって文句を言っていた。

寝ながら文句を言わず「お前が動け!」と思った。父親が走っているところを見たことがない。

よって、野球、相撲、マラソン・駅伝が嫌いになった。

当然、そんな両親を好きになることはなく、できることなら二度と会いたくない。

母親の母親(おばあちゃん)が、99歳まで生きたので長生きしそう...。

長生きしてもいいが、悪口と嘘を言う口を塞ぎたい。

親に愛されて育った人を見ると羨ましく思う。

でも、そんなに人に「親を大切に」と言われても、ただストレスしかなかった。

数年前に嘘ばかりつく母親に怒りが頂点に達して、電話で大喧嘩した。

それ以降、お正月は私一人で帰省することにした。

妻を連れて行ったら「食ハラ」がひどく、お正月から妻の体調が悪くなるためである。

必要以上に食べるのを勧めるのを何度、注意しても止まらなかった。

お正月は、地元エリアで1人でよく行っていたスポットに行くことを楽しみにして、少しでもストレス軽減を計画しています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク