子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

変化する小学校の英語教育

小学校での英語教育が変わってきています。

世界から見たら、日本の英語教育の変化は遅過ぎるが、やっと変わってきたという状況です。

2020年から小学3年生でローマ字の習得、英語の授業の開始。

ちょうどオンライン授業化が進み、クロームブックが支給されているので、子供はクロームブックでのローマ字入力をやっています。

まだ英語の教科書はなく、週に1限だけ、外国人による授業が開催されています。

5・6年生から正式に英語を教科とし、中学校の英語の授業は英語で実施される。

学校によっては、全教科英語での授業というところもあるようだ。

うちの子供は大学の助教授の外国の先生から週1回、英語を教えてもらっているが成果というか進歩が見られない。何か少しでも英語を話せるようになったら、相乗効果を生み出し進化が見られるかもしれない。

四谷大塚オンライン学校で英語があったらいいのに、中学生からとなっている。

f:id:fukumiminet:20210529130752j:plain

何か子供に適したものがあったらいいのだが、全くわからない...。

「Musio」というAIロボットを購入して、英語を話すキッカケができたらいいが、もしダメだった場合の金額がちょっと高額だ。でも試したい気持ちもある。家族全員でトライできるし、買ってみようか検討中である。

英語圏での幼稚園レベルでいいので、マスターできるアプリがあったらいいのになぁ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク