子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

シン・仮面ライダーが2023年3月公開

仮面ライダー生誕50周年で3つの重大発表がされた。

1、「仮面ライダーW(ダブル)」のその後を描くマンガ「風都探偵」のアニメ化が決定

2022年夏、配信。配信? ネット配信限定なのだろうか。

2、リブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」制作決定

2022年春、始動
大人向け作品とあるから、セイバーに続く、通常の番組ではないようだ。

3、映画「シン・仮面ライダー」

2023年3月公開。脚本・監督/庵野秀明

f:id:fukumiminet:20210404101326j:plain

シン・ウルトラマンの公開前だけど、シン・仮面ライダーが一番楽しみですね。

仮面ライダーセイバーが面白くなさすぎて仮面ライダー離れしつつあった。

庵野秀明が脚本・監督ということで、原点に注目しつつ現実でも本当に仮面ライダーがいるのだろうかっと妄想させてくれるのでしょうか。

姿がバッタっぽい仮面ライダーになるのかなっと思ったが、以前、真・仮面ライダーで登場しているからそれはないかも。公開ビジュアルのイラストも初代仮面ライダーっぽいシルエットだ。

仮面ライダーとしての苦悩があってもいいが、少しだけにして苦悩の話を長くさせないでほしい。

主人公はやはり、藤岡弘の息子の藤岡真威人に演じてほしいな。本人も仮面ライダーを演じることを希望しているから。

基本に戻るため石ノ森章太郎作の漫画を読みたくなった。

シン・仮面ライダー進展情報

『シン・仮面ライダー』プロモーション映像が公開された。

初代仮面ライダーの映像を元に再現されたカタチだが、ワクワクが止まらない...。

俳優も決まり、池松壮亮と浜辺美波が判明。

主役が池松壮亮ということで、変なコメディタッチの場面がなくなりそうで期待が上がる。

周りがふざけても池松壮亮が真顔で流しそうだ。

最近の戦隊モノはコメディタッチが強くて嫌。初代仮面ライダーで、たまにおやっさんがふざけたことを言っても、本郷猛が「何言ってんだおやっさん!」と冷静にツッコむのがよかった。

最初に公開されたイメージイラストから、ダークっぽい仮面ライダーの姿を想像していたが、初代仮面ライダーに合わせていますね。

しかし、バイクにライトが4つあったり、ちょっとエヴァ感なデザインを感じてしまう。

現在の仮面ライダーは、見た目を派手にするためCGやエフェクトが邪魔だったり、ぎこちない動きが残念だが、やはり『シン・仮面ライダー』は特撮感を出してきそうですね。

昭和っぽい撮り方だが、逆に新鮮さを感じる。乞うご期待ですね!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク