子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

親の悪口を言う子供|口は災いの元

普段から子供の前で人の悪口を言わないように心掛けています。

悪口を言わないように心掛けたキッカケ

私の親が人の悪口をよく言っており、それが子供の頃に聞くのが嫌だったため、私は人の悪口を言わないでいようと思い、育ちました。反面教師ですね。

母親は意地悪な親戚のこと、父親は会社の愚痴を仕事から帰ってきてから、よく話していた。

あと、父親はテレビに向かってもよく文句を言っていた。イライラしながらテレビを見ていたことを思い出す。

お笑い芸人に関して「バカなことを言ってお金がもらえるいい商売」と言い、一緒にバラエティ番組を見たくなかった。

人を笑わせることがどんなに難しいことかをわかっていないと、子供ながらに思っていた。

本当に悪口や愚痴を聞くのが嫌でした。

f:id:fukumiminet:20200909120355j:plain

よって、子供の前で人の悪口を言わないように心掛けていたら、子供が親の悪口を言うようになったのです...。どういうこと?

二世タレントがテレビで、親(タレント)の悪口を言っている感じ。

家族内、事件勃発

周りが笑ってくれるから、調子に乗っていき、ついには事件が起きてしまいました!

子供がおばあちゃん(妻の母親)に「おばあちゃんのことをバカと言っている」と私たちが言ってもいないことを言い出したのです。もちろん、言っていません!

話すことがなくなり嘘を付いてまで、笑ってもらうために言ったことだと思われる。

さぁ、大変です。

私たちが「子供が付いた嘘」と言っても、陰で悪口を言っていると思ったことだろう。

はい、おばあちゃんは超不機嫌...。

バカということより、陰で悪口を言っていると思い込んで、腹を立ててしまったのだ。

子供は、おばあちゃんとよくオセロで遊んでおり、おばあちゃんがわざと負けてくれているのに、本当に負けていると思い込んで「おばあちゃんはバカ」と思っていたようだ。

それを自分が言うのではなく、親が言っていることに置き換えてしまった。

最悪なことに、おばあちゃんは、かわいい孫の言葉を信じてしまったのだ。

もちろん、子供を叱りました。

「言っていいことと悪いことがある」と。

子供は、学校では大人しく、友達の悪口を言いません。学校で嫌なことがあってもなかなか言わなく、聞きだすのに苦労します。

その分、親の悪口を言うことでストレス発散をしているのかもしれない。

親だったら何でも許してもらえると思っているのだろう。

子供を問い詰め続けても悪影響だと思うので、しっかり「言葉の使い方」や「口は災いの元」ということを教えていこうと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク