子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

子供がテレビ&ゲームを失う大ピンチに!

小学2年生の子供は現在、算数を得意とし、国語が苦手だ。

本は読んでいるが、どうやら本の内容を頭の中で把握できておらず、ただ読み上げるだけのようだ。私も子供の頃、同じ行と何度も読んでいたから、何とも言えない...。

よって、読解力のテストがかなり苦手。

f:id:fukumiminet:20210302145038j:plain

打開策として「オンライン四谷大塚」を受講し始めた。

小学校のオンライン授業の影響もあり、講師が頻繁に会話するように投げかけるため、講師から見られていると勘違いおり、姿勢良く見て、返答もしている。

まだ初めて間もないので勉強の成績とは直結していないが、続けて行ったら効果はありそう。

国語のテストの結果

ついに小学校の国語のテストで50点を取ってしまった。

せめて悔しがったり、次を頑張ろうという姿勢があったらいいが、子供はテレビ&ゲームに夢中だ。テストの回答も適当に書いている感じがした。

はい、子供は大目玉が食いました。

これが続いたらテレビ&ゲームは無しになってしまいそう。

現段階で、我が家ではYouTube禁止令が発令している。

YouTubeを一旦、見出したら永遠に見続けるからだ。

今週末に小学校で小学2年生の漢字のまとめテストが行われる。

その結果次第で何らかの罰則が発動することになるだろう。

例えば、テレビ&ゲームの1日の時間制限など。

子供は全然、緊迫感はない...。罰則が実際に発令して泣くくらい。

だが、罰則ばかりやっていたらますます子供は勉強嫌いになっていく...。

勉強の楽しさを親が教えないといけません。

クイズやゲーム感覚でやっていったらいいけど、教える能力が欠けているので、厳しい状況...。実際に楽しい授業を受けたことがないので、どうやったら楽しくなるのかが分からない。

授業とは関係ない脱線話をして子供心を惹きつける先生はいたが、勉強自体を楽しませる先生は存在しなかった。

とりあえず、漢字テストに向けて、子供と一緒に頑張ろうと思います!

今できることは、子供が正解したら大袈裟に褒めることで、子供に自信を持たせることです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク