子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

「ガーシー(東谷義和)死なばもろとも」の本を読み終えた感想。

楽天ブックスの電子書籍で「ガーシー(東谷義和)死なばもろとも」を購入し、1日で読み終えました。

感想としては、ガーシーファンやガーシーの今までのYouTubeを見ていない人が読むには楽しめるかも。

ガーシーの昔話が多く、暴露を期待している人にはもの足りない内容。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、拐われた話をもっと詳しく掲載していたらドキドキ感があった。

それには田村淳、本人の協力が必要で、その時の様子を詳しく聞きださないといけないから、多分、本人的には本に掲載されたくない内容だから、あまり協力的ではなさそう...。

ガーシーファン以外、繰り返し読む人はいないから、もう少ししたら、ブックオフの棚に並んでいそうだ。

M氏に喧嘩を売ったことで、YouTubeとTwitterがBANされ、新たに作ってもすぐにBANされるから、以前のような更新頻度は減っている。

拡散力として、YouTubeとTwitterは必須なSNSだった。

他の方のYouTubeコラボは、BANやペナルティーを恐れて、あまりできないし、コラボできても、かなり抑えた口調になるから楽しめない。

ガーシーがテレビ出演を期待しているが、メーカーの不買運動を呼びかけたこともあり、スポンサーNGの番組が多そう。

サロンができるまで、暴露はなさそうな感じかな。

当選したら、都道府県47人暴露の公約もされないままで、いつ発表されるのだろうか。

これに関しては、TikTokでやっていくようだ。

ガーシー2という独自のSNSを立ち上げているが、収益化がされないため、あまり書き込まれない。

現在、インスタがメインの情報発信ツールとなっている。

今後は、サロン、ガーシー2、TikTokに力を入れていくみたい。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク