子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

THE W 2021を見た感想

THE W 2021を録画して、見る前に優勝者を知りたくなかったので、ネットニュースを見らず、夜中に倍速や早送りしながら見た。

CM多いし、前振りや審査時間が長いので、倍速や早送りによって快適に見ることができました。

f:id:fukumiminet:20211214100719j:plain

おそらく審査方法が見ている側からしたら、面倒かなっと思ってしまう。

さらに、審査員も残った組の意見を毎回して、大変そうだった。

女性のお笑いの方なので、どうしても恋愛話のネタをしがちだが、恋愛ネタはつまらなく、大笑いがおきにくい。

だから、恋愛ネタに特化せず、お笑いに貪欲な組が残ったように思われた。

茶々という新たな芸人の発掘もできた。お腹に仕込んでいた人形には噴き出してしまった。(^o^)/

ネットで問題になった最終審査

決勝には、Aマッソ、天才ピアニスト、オダウエダが残り、ネットの意見のように私も優勝はAマッソか、天才ピアニストかなっと思っていた。

Aマッソは、映像と一緒にするネタは、おもしろけど賞レースで披露するのはちょっと違うかなっと思った。最初のネタのようにしゃべりで押し切ったら優勝だったかも。

よって、優勝は天才ピアニストかなっと思っていたら、オダウエダだったので驚いた。

オダウエダの決勝ネタは、ちょっとぶっとびすぎて、?な部分が多くスベッているようにも見えたから。

決勝の順番の重要だったのだろうか。

でも、Aマッソと天才ピアニストは、少しテレビに出演しているので、新たな注目の女性芸人としてオダウエダはアリだったのかな。

いろいろ意見があると思うけど、もう決まったことなので、素直にオダウエダの優勝に祝福したいと思います。おめでとう〜!!!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク