子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

フィリピンでの実写リメイク版「超電磁マシーン ボルテスV」が凄すぎる!

フィリピンでの実写リメイク版「超電磁マシーン ボルテスV」の予告編がアップされると、クオリティの高さに反響が凄まじい!!

f:id:fukumiminet:20210117122649j:plain

フィリピンでは「超電磁マシーン ボルテスV」の人気が高く、最高視聴率58%を記録したほど。

日本では「超電磁ロボ コン・バトラーV」の方がメジャーですね。

予告編を見る限り、ワクワクが止まらない。

内容も素晴らしかったら、今後はフィリピンへのCG映画の依頼が多くなりそう。

日本でのCG映画は、間が悪かったり、ストーリーが不評なことが多い。

山崎貴監督作品は、変にストーリーをいじってしまうから、批判を受けてしまう。

実写リメイク版「超電磁マシーン ボルテスV」の予告編を見る限り、作品へのリスペクトが高いのが伝わり、興奮させられる。

問題は、映像の時間が短くなってもいいから、変な間延びやストーリーを膨らませていなければいいんだけど。

とりあえず、アニメの「超電磁マシーン ボルテスV」をもう一度見たくなりました。

現在、U-NEXTで、お得にもう一度楽しめる!31日間無料リトライキャンペーン!が開催され、もちろん活用中。

U-NEXTで検索したら「超電磁マシーン ボルテスV」がありました!

子供と一緒に第1話を見ました。

めちゃくちゃ笑いました。5人があたふたしているのに司令室から、どんどん支持が出て発進!って。

しかし、子供はクオリティが高いのを見過ぎているから、あまり興味がないようでした。しかし、フィリピン映画の予告編には興味を示していました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク