子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

車の所有から、車を借りること(KINTO)を選択した。

車を15年間、所有し続けました。

トヨタのポルテという車種に、15年間ほど乗り続けた。

走行距離は12万キロオーバー。当初から売ることは考えず、乗り潰すつもりでした。

若い頃に比べて、車に対する考えは変化していった。

若い頃は車の外観のかっこよさ、アクセサリーにこだわっていた時期もあった。よって、最初に乗った車がオープンカーのユーノスロードスター、次にホンダの4WDの車、そして、ポルテに乗っていた。今では車に求めることは、車内の快適さのみになっていった。

トヨタのポルテは室内が広くて、とても快適だった。もし、買い換えることがあっても次もポルテを選ぼうと考えていた。ポルテの唯一の難点をあげるなら、フロントガラス横のピラーの部分が太くて死角になり、曲がる時にその死角に人が入っていたら、急に人が飛び出してきたように感じることがあった。ポルテに乗っている方は皆さん思っているようだ。よって、カラダを左右に動かして死角に誰もいないか見なければいけない煩わしさがあった。

そして、15年目の車検にディーラーからの見積もりで30万円くらいの費用になると言われ、車を手放そうか考え始めた。車検の後、すぐに自動車税、任意保険と支払いが続くからだ。車を手放したら、普及しているカーシェアという考えもあるかなっと思い始めていた。自宅近くのパーキングで、カーシェアの車が3台あり、それを見ていたからだ。しかし、そのパーキングの場所にマンションが建つことになって撤去された。離れたパーンキングエリアにカーシェアの車があるが、日常使いだと不便な距離。

あと現在、駐車場を借りている場所にも問題があった。個人所有の駐車場で1年契約でまとめての前払い。月2万円+税の賃貸料金で途中に解約しても返金なし。これにより解約する時、もめている人が多い。

よって、最初は車を処分して、残りの駐車場の期間分に車を借りられる方法はないのか調べ始めたのでした。

「KINTO」というサービスを知る。

車検の話をしていたトヨタのディーラーの社員さんに相談したところ「KINTO」という新サービスを薦められた。

f:id:fukumiminet:20210116105341j:plain

菅田将暉、二階堂ふみ、矢本悠馬が出演しておるTVCMのサービスだ。

短期間で車を借りるなら「KINTO」というサービスはアリかもと思い始める。

家族会議の結果、当初6ヶ月間、借りようと思っていたが、とりあえず3年契約で車を借りることにした。途中での解約は解約金が発生し、解約する月によって金額は変わってくる。

KINTOの契約手続きに入っていく。

廃車の手続き

まずは現在、所有している車の廃車の手続きを開始した。

必要な書類は、車を買って以降に引っ越しをしたので、購入した時の住所と現在の住所との繋がりが証明できる戸籍抄本と印鑑証明。それらを取りに区役所に行った。

区役所は人が多くて、書類を受け取るのに1時間以上もかかった。書類はトヨタ営業所へ渡した。

KINTOの手続き

それから、KINTOによる新しい車を迎えるための車庫証明が必要。現在の駐車場は賃貸だから、大家さんから保管場所使用承諾証明書に住所、氏名、捺印をしてもらわないといけない。

大家さんに書類を送り、記入してもらって郵送にて返却してもらった。

KINTOは、ネットで注文できるのが魅力になっている。大まかな内容は、トヨタ営業所にてノートパソコンを借りて行った。そして、自宅にて、メールアドレスの確認作業、月々に支払うクレジットカードの登録をネット上で行いました。

車種の選別

トヨタ営業所にて、車の車種を決めるために、試乗をさせてもらった。

この時点で一番安いルーミーを薦められており、こだわりのない私は安ければ何でも構わないと思っていた。

f:id:fukumiminet:20210116111955j:plain

月々の支払いに応じて、いろんな車種を選ぶことができる。解約、変更の時期によって解約料が変動するが、途中で車を変更できることが可能なのもKINTOの魅力。

試乗した車は、ライズとルーキー。まずは、ライズを試乗。外観の見た目は断然、ライズの方がカッコいい!キャンプが流行っているから人気車になっているようだ。しかし、乗った瞬間に考えは変わった。車外への視野が狭いのだ。車内も狭く感じた。よって、試乗はトヨタ営業所の敷地内を少し運転するだけにした。

次はルーミー。車内はかなりスペースが広い。さらに車外への視野が広かった。それだけで完全にルーミーに決めた。部屋感覚でいられるルームから、ルーミーと命名されているようだ。ライズ希望だった家族もルーミーへ気持ちが一気に変わった。一応、試乗ルートを運転したが何も問題はなかった。

ETCユニットとフロアマットは無償で付いているが、それ以外のオプションは追加するごとに月々の料金に加算される。私は追加オプションは一切追加しなかった。

車のボディに穴を開けるなどのオプションを勝手に自分で取り付けることはできない。傷付かない程度のカー用品を取り付けるのは可能のようだ。

所有していた車に付けていたオーディオを取り付けてもらえるよう交渉した。これは営業所ごとの判断になるかもしれないが、了承を得て、取り付けてもらえるようになった。これで新車になっても音楽を聴くことができる。

スポンサーリンク

 

愛車とのお別れ

トヨタのポルテに15年間ほど乗っており、人生で一番長〜い期間、乗っていた車です。とくに故障もしなかった。そのポルテを車検がくる前にトヨタ営業所へお渡ししました。車に愛着心がないため悲しさはなかったが、15年間お世話になったお礼を伝えた。さようなら、そして有難うポルテ。

15年間も使用して12万キロオーバーの車だから、下取りは「ナシ」に等しい。普通、廃車にする場合、料金を支払わなければいけない。しかし、今回「KINTO」に申し込んだということで少し下取り価格を付けてもらいました。でもポルテは廃車になるそうです。おそらくリサイクルになるのだろう。

代車にルーミー

新車が来るまでの代車の車種の希望は、何でも構わないと伝えていた。でも、駐車場の関係で、大きな車は嫌かなっと言っていた。気を利かしてくれたのか、試乗車用のルーミーを貸してもらうことになった。すでに試乗の時、一度運転しているから少し慣れており、有り難かった。

f:id:fukumiminet:20210116113724j:plain

もちろん、嬉しいのだが、試乗車はフルスペックでグレードが一番高くなっている。さらにカーナビなど様々なオプションが付いている。新車はオプション一切なしで、グレードが下がるため、新車に変わってから寂しくなるかもしれない。

次、トヨタ営業所へ行った時、代車に乗っていって、新車で帰ってきました。

不思議だったのは、カーリースの気分で車を借りているのに、新車を購入した時のように渡された。もしかしたら営業所もKINTOのサービスに慣れていなくて、どうしたらいいのか分からなかったのかもしれない。

トヨタ車に乗り続けて、気付いた変化

15年間、トヨタのポルテに乗ってきて、最新のルーミーに乗り換えての違いで気付いた点を書き述べたいと思います。

エンジンスタートストップボタン

現在では主流になっているエンジンの掛け方。鍵をハンドル横に差し込んで回すのが通常でしたが、今では鍵はポケットの中に入れたままブレーキを踏みながらスタートボタンを押したら、エンジンがかかる。以前の車検の時の代車でプリウスを借りており、その時にこのシステムに慣れている。

アイドリングストップ&ライトの自動点灯

最近、よくエンストにかかっている車や曇りの日にライトを付けているなっと思っていたら、どちらとも自動だったんですね。信号で停車するたびに、エンジンが止まり、再びエンジンがかかる。待ち時間が短い信号が続いている時、毎回、エンジンが止まって、かかるのは煩わしさがある。

ライトも少し暗くなったら自動で点灯するようになっている。高速を走っている時にトンネルが続く場合の時は便利だろうが、通常は自動でない方がいいかもしれない。

f:id:fukumiminet:20210116114916j:plain

おそらくこのボタンでオフにできそうだが、まだ試していない。早く使いこなせるようになりたい。

後から聞いた話、なんとルーミーはダイハツ車だった!

ポルテとルーミーを比べること自体、間違いでした。すみません...。

ウインカーの操作をしづらさを、ディーラーの人に言ったところ「ダイハツ車特有のウインカーで、よくウインカーの操作のしにくさを言われます」とのこと。「んっ、ダイハツ?」

本当だ。ダイハツではTHOR(トール)という名前で販売されていた。

どうやら、ダイハツ車は苦手のようだ。次、車種を変える時は純粋なトヨタ車がいいな。

KINTOのメリットとデメリット

メリットは、やはり月々の決まった支払いで済むということ。車検、自動車税、任意保険、タイヤ交換などのまとまった支払いがないので慌てなくて済む。

期間ごとに車種を変更して楽しむこともできる。借りてる感覚なので、私的には自己負担が少なく感じて気持ち的に楽だ。自己所有に強いこだわりがある人には向かないでしょう。

デメリットは、勝手に後からアクセサリーを付けられないこと。車の改造をしない人にとっては何の問題もない。長期で借りられる人は合計金額にしたら損をするかもしれません。

よって、まとまった支払いをしたくない。自己所有にこだわりがないっという人は、KINTOというサービスは合っていそうです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク