子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学2年生になりました。

福岡県人会と福岡県民の温度差

福岡県人会と福岡出身と福岡にゆかりのある芸能人が集まる会が、テレビ番組で放送されていますが、福岡県民として温度差を感じます。

集まって勝手に盛り上がるのはいいが、テレビ番組で放送をしてほしくないのです。

見なければいいんですが、ダウンタウンの番組で放送されるから見てしまう。

ダウンタウンは、華丸大吉が福岡では絶大な人気があると勘違いしているような気がしますが、福岡県民は華丸大吉を認めていないようなに思えます。

本人たちも福岡の若者に人気がないのは了解済み。

訛り濃ゆめの博多弁が、なんだか恥ずかしくなってしまいます。

華丸大吉が、東京のような姿勢で福岡でも仕事をしてくれたらいいのですが、福岡の番組では手を抜きまくっているのです。

ゲストが芸人で、張り切って笑いを取ろうとするのを「そんなことせんでいい」と制止します。

個人的には、逆で「もっと頑張れ!」と思ってしまうのです。

東京と同じような姿勢で福岡の番組をやっていたら、福岡県民が認めて、もっと早く売れたような気がするんだけど...。

福岡で絶大な人気だった「おたこぷー」

福岡吉本の芸人がダラダラしている中、救世主のように登場したのが「おたこぷー」でした。

f:id:fukumiminet:20200626104159j:plain

福岡吉本の秘密兵器として何度か東京の番組に出演しているが不発に終わっています。

全盛期は福岡で、とんでもない人気がありました。

福岡吉本の芸人がつまらないと言われる中、突如として現れ、ホリケンのような突拍子もないギャグを全力でやってくる。

「お久しブリッジ」というギャグがあり、思いっきり背中を反って、頭を地面にぶつける。

普通に硬い地面でもやっていたので、いつか頭蓋骨陥没するんじゃないかと心配していたら、背骨を骨折してしまい、そのギャグは封印されました...。

生放送だったので、その瞬間もテレビで見ていました。

当時、みんな「おたこぷー」から目が離せない状況でした。

しかし、本人のメンタルが弱くて、ギャンブルをよくやっており、借金があったようです。

それで、よく逃亡をしており、番組を休んだりして、次第に消えていきました。

藤井隆が最高

華丸大吉の福岡の番組で、芸人が笑いを取ろうとするのを潰してくる中、藤井隆だけは、その制止を振り払って全力で笑いを取りにきます。

次第に華丸大吉は、藤井隆を温かい眼差しで見守ってくれるようになり、それが心地よくなってより一層はっちゃけているのかもしれません。

藤井隆が福岡の顔になって、福岡を盛り上げてくれたら最高なのになぁっと思った次第です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク