子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学2年生になりました。

ユニクロのエアリズムマスクの購入できた!

2020年6月19日(金)ユニクロのエアリズムマスクが発売開始される日。

オンラインでの注文と思っていたが、店頭で買えないか行ってみることにした。

オンラインは繋がらない可能性があると思ったからです。

店舗でも、かなりの混雑が予想される。

ユニクロ店舗へ行ってみた。

ユニクロ店舗だけのところは、9時過ぎに通りかかったが、長蛇の列で駐車場も満車。この店舗は11時オープンなのに...。

入り口が複数あるショッピングモール内に入っているユニクロを目指した。

9時20分頃に到着。

ショッピングモールの各入り口には、それぞれ行列ができている。

私は、ユニクロ店舗に近い入り口の場所に並んだ。

整理する人が少なく、うまく誘導できていなかった。

ショッピングモールの入り口が開き、自動ドアの前まで進んだ。それまでキレイに並んでいたが、ここから団子状態。

複数の入り口から入ってきた人が集まり、ギュウギュウ状態で、超「蜜」になった。

あれほど、ソーシャルディスタンスと言っていたのが嘘のようだ。

こんなギュウギュウ押し合う人混みは、新型コロナウイルスが流行ってからは、初めての体験。

「整理券を配布したらいいのに」「押さないで」との声が聞こえてくる。喧嘩を始める人も出てきていた。

自動ドアが開き、人がなだれ込む。

私は走らなかったが、走った方がよかったようだ。後で、そう思うことになる。

店舗の前には、人だらけ。

この撮影して写っている人のほとんどが買えませんでした...。

f:id:fukumiminet:20200619123330j:plain

私の20人後くらいで人数が達成したようだ。

スタッフが人数を数え「これ以降の方はマスクを購入できない可能性があります」と伝えると罵声が飛び交った。

まぁ、当然ですね。

この状態を予想できたのに、何も対策をしなかったショッピングモールとユニクロに問題がある。

整理券の配布をしなかった。超「蜜」な空間を作った。買えないのに並ばされた。

罵声を飛ばすのは、おじいちゃんが多かった。おばあちゃんは、スタッフにネチネチ文句を言っていた。

老人は元気がいいですね。

新型コロナウイルスより、人の方がよっぽど怖いと言われているのを痛感しました。

整理券は店舗に入った後、商品を受け取る直前でもらえました。

ユニクロのエアリズムマスクの購入できた。

「L」「M」は100〜200セットくらい用意されてあったが、「S」サイズは少なめだったようだ。

一番の目的だった「S」サイズが20人前くらいで終了したようでした。走っていたら、購入できたかも。ちょっと悔やまれる。

f:id:fukumiminet:20200619123309j:plain

「L」と「M」サイズを購入できました。

「M」サイズを子供が着用できたらいいが、子供が小顔だから厳しいかも。

子供に「M」サイズを着用したら、やはり大き過ぎました。

f:id:fukumiminet:20200619123343j:plain

3枚入りで、内側にはエアリズムのロゴが入っている。

f:id:fukumiminet:20200619123354j:plain

ユニクロのエアリズムマスクを着用しての感想

実際に、ユニクロのエアリズムマスクを着用してみたら、鼻と口の部分に少し空間ができるから、くっつかないので思っていたより息がしやすいです。

最初に付けた時、ひんやりするが、すぐに自分の息で温まり、3層構造だから厚く&暑く感じます。

なんとか2層構造になってくれたら嬉しい。AOKIのマスクは、2層構造のようですね。

ユニクロ側は声を聞きながら、改良していくとのことだったので、2層構造になるように改良していってほしいです。冬場の時は3層構造でもいいかも。

マスクを着用して、自転車で出掛けました。やはり運動していたら、息苦しいですね。

自分の息なのか、汗なのか、わかりませんが、マスクの下はびっしょり濡れていました。

さてオンラインストアは、いつの間にか完売していたので、店頭に買いに行って正解でした。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク