子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学6年生になりました。中学受験へ向けて勉強中!

2025年7月5日(土)まで、あと1年になった

2025年7月5日(土)まで、あと1年

2025年7月5日(土)の大災難の予言まで、いよいよあと1年になった。

いくつかある予言の中で、もっとも有名になったのが、たつき諒作「私が見た未来」の漫画本での予知夢による大災難の予言である。

日本人の半分は亡くなり、関西まで壊滅的と話している人がいる。

よって、大阪・関西万博の開催中に起こる大災難だから、海外のパビリオンが撤退していっているという話もある。

東日本大震災の3倍の津波が押し寄せるなら、日本の原子力発電所のほぼ全てが被害にあうだろう。

災害ではなく、災難だから人為的な行為での影響で、隕石の可能性が高いと予想していたが、爆弾の可能性の方が高いのかもしれない。

台湾有事は避けられないのか...。

未来人の話で「未来は生魚が食べられない」という話と繋がりそうだ。

爆弾と原子力発電所により、海は汚染されまくるのだろう。

ノストラダムスの大予言に始まり、大きな話題となった予言は外れるから、今回の予言が外れることを願い、拡散して話題にした方がいいと思っている。

私は九州に住んでいるから、本当に起こったら助かる可能性は、かなり低いけど、万が一助かった時のために備えは準備しようと思います。

キャンプ道具、ナイフ、水、食料の蓄えなど。

でも、実際に起こった状況にならないと何が必要か分からない。

コロナ禍で、キャンプブームにのっかり、キャンプの知識を身につけた人が強いのだろう。

回避策

助かる方法は、三木大雲和尚曰く、念=人の思い。

人を悪く思うと悪い“気”となって出てくる。

悪い気が出て喜ぶのは“鬼”。

良い気は“善神”が食べてくれる。

全員が悪口ばかり言い合う世の中になると善神の食べ物がなくなる。

すでにSNSで悪口を書き過ぎて、すでに地球はヤバい状況。

良い念を出さなければ、人類は餓死してしまう。

現在、良い世の中になるか、悪い世の中になるのかの分岐点で、みんなが良い言葉を発したら、良い世の中になる可能性がある。

普段、怒ったり悪口を抑えて、良い言葉を発していきましょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク