子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学6年生になりました。中学受験へ向けて勉強中!

人間交差点を処分前に読んでいる

人間交差点を処分前に読んでいます

人間交差点の文庫本サイズを処分前に読んでいるが、話やセリフが臭すぎる...。

女性に対して酷い扱いしているのに、時代のせいにして、それがカッコイイ風にしているのも受け付けない。

原作は弘兼憲史ではなく作画だけなので、仕方ないのかも。昭和の話だし...。

「黄昏流星群」の方が、遥かに読みやすくておもしろいね。

読んでいて苦痛なところを飛ばしながら読んでいるが、ちょっと「うっ」と思う場面があった、文庫本7巻の「置き去り」という話で、父が嫌いな理由は「自分に似ているから」というセリフだ。

おそらく、私も父親と似ているんだろうけど、嫌いだ。

子供の頃、一緒に遊んでくれなく、暴力を振るわれ続けた。

家では、テレビを見ながら寝そべり、テレビに向かって文句を言う。

酒癖が悪く、声が大き過ぎて音が割れるほどの大声を出した。

反面教師として見ており、私はテレビに向かって文句は言わず、お酒を飲んでも悪酔いしない。

私の子供も、きっと私に似ているのだろう。

だから、イライラしてしまうのだろうか。

子供も私を嫌いになっていってしまうかもしれないが、今は勉強のサポートを取り組むのだった。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク