子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学6年生になりました。中学受験へ向けて勉強中!

三つ編みの雪ちゃん

三つ編みの雪ちゃん

私が小学6年生の頃、保健室を掃除するグループになっていた。

その中の女子で、背が高く、赤毛のアンのような三つ編みの雪ちゃんがいた。

ハーフっぽい顔立ちだった。

雪ちゃんは、別の男子が好きとの噂があったので、私と噂になったりしないから、話しかけやすかった。

よって、保健室でよく話すようになった。

女子が保健室へ青いビニール袋を持ってきた時、雪ちゃんがテキパキと対応していた。

本当に無知だったので「その青いビニール袋は何?」と聞いたら、雪ちゃんが「内緒」と答えた。

私は気軽に話せる女友達ができて本当に嬉しかった。

恋愛対象ではなかったので、より話しやすかった。

雪ちゃんは精神年齢が高く、お姉さんのようでもあった。

しかし、中学生になり、ある女子が「雪ちゃんのこと好きなんじゃない?」とイジり始めた。

「こいつ最悪だぁ〜」と思っていたら、別の子からも聞くようになり「誰から聞いたの?」と尋ねたら「雪ちゃん」と答えた。

「えっ〜〜〜!!」

本人がばら撒いてどうするの?と思ったが、それ以降、雪ちゃんと話すことはなかった。

誤解を解きたかったが、話す機会がなかった。

意識され、避けられている感じがあり、以前は挨拶を交わしていたのに、無視されるようになった。

雪ちゃんが1人で居る時に、話しかけようと思った時もあったが、告白と勘違いされそうだったので、こちらも話掛けづらくなっていた。

あの時、噂にならなければ、ずっと友達でいられたかもしれないのになっと思うのだった。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク