子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

「なにかがいる〜オウマガトキFILM心霊調査報告書〜」の本を読んだ感想

心霊系YouTubeチャンネルの「オウマガトキFILM」が本を出していたので「なにかがいる〜オウマガトキFILM心霊調査報告書〜」を電子書籍で購入しました。

オウマガトキFILMの中で最も怖かった「開かずの間」の話が最初に書かれていた。

人怖である。

後日談はないのですが、考察が書かれており、後日談を知りたかったので、少し納得できました。

関係者との連絡がつかなく、家は取り壊されていて、その後はわからない状況。

個人的には中山さん(仮名)の捜索をしてもらいたいが、オウマガトキFILMでは、もう関わりたくないのだろう。

開かずの間[前編]

開かずの間[後編]

本の読み方としての提案

  1. 1章ごとに本を読む。
  2. その動画をYouTubeで見る。
  3. 本に戻り、考察を読む。

話が拡がり、新しいYouTubeの楽しみ方が味わえますね。

注目の心霊YouTubeチャンネル

YouTubeの心霊系チャンネルでは「4TH WALL」が圧倒的に怖い。

昭和感があるテイストで、プロ的な編集が怖さを倍増している。

心霊系検証チャンネルでは、LOLクリエイターズ、オウマガトキFILM、クリップストアを注目している。

ただ、いずれも更新頻度がひと月に2本程度なので、物足りなさがある...。

心霊現象が起きなければ撮影したものがボツになったり、その他の理由で配信できないこともあるようだ。

それで、他の心霊系を探すも、イマイチ好みが合わないチャンネルは、途中で見るのをヤメてしまう。

よって、見るものがなくなったので今回、本を購入して読んだのでした。

読み終えて、オウマガトキFILMの動画を見直してみたくなった。

本を読んだ後、眠ろうと目を閉じたら、目を見開いた人の顔が近くにあり、黒目に光りはなく無表情だった。いくつかの顔が見えた。

それから、複数の黒い丸い線が動いており、なんだろう?と思っていたら、水中で泡がこちらに上がってくる映像だった。

きっと、私の想像力が働いて、そう見えたことにしよう...。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク