子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

映画「バズ・ライトイヤー」を家族で4DX3Dで観た!

映画「バズ・ライトイヤー」を家族で4DX3Dで観てきました!

本当は3Dだけで観たかったのだが、4DX3Dの組み合わせしか3D上映はないので、それを選択したのでした。

かなり3D上映は減ったから、久しぶりの3D上映で嬉しい!

トイ・ストーリーのバズ・ライトイヤーの本来の設定が映画になったという内容で、もちろん、観た感想は、おもしろかったです!

ソックスの吹き替え担当したかまいたちの山内健司の声だけ、やはり違和感が取れなかった。

次回は、吹き替えなしで観てみたい。

4DXでは、かなり動きが激しい映画!

後頭部がガンガン打つし、もう少し抑え気味でよかったのにって思った。

揺れるたびに、おしりがズリ下がっていくし...。

途中から、もうヤメてくれ〜っと思っていました。

やはり、正直3Dだけで観たかったです。

映画「バズ・ライトイヤー」のブルーレイで3D版が出てほしい。

3D上映があったから、発売される可能性は高いかな。

エンドロール後に、ほんのちょっとだけ2つの映像があります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク