子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

子供が「人生」というタイトルのノートを書いていた。

子供が「人生」というタイトルのミニノートに書き込んでいた。

内容は、自分の長所や家族のことや友達の名前を書いていた。

どんな家族がいい

「どんな家族がいい」という見出しをつけて書いていた。

・やさしくておこられなくてのんきでいられる

自由にさせていたら、1日中、テレビを見て、ゲームをしている。

怒らないと、勉強関係は一切やらないし...。

・かいたいものをいっぱいかえる

かなり子供のために、かなり買ってきた。

ただ、経験上、買ってもすぐにポイッとしてしまうのは買わないようにした。

今回のノートは、下記の新たなルール作りで、子供がいろいろやり出したのだ。

新たな家族のルール

子供が目をパチパチするのが治らないので、家族で新たなルールを作った。

時間を決めないとテレビを見続けるので、何かやり遂げたら1番組のテレビを見るということにした。

児童書の1章を読んだら、30分程度のテレビ番組を見ることが可能。

できれば、こんなルールを作りたくなかったが、仕方なくルールを作った。

私が子供の頃、親が野球、マラソン、相撲を見るから、あまりテレビを見ることができなかった。

よって、野球、マラソン、相撲は嫌いになった。

あと、バラエティ番組を家族で見ていても親がテレビに向かって、文句を言い続けるから、おもしろくなかった。

芸人に対しては「こんなバカなことをしてお金をもらえるいい商売」など、イライラするから、できるだけ親と一緒にテレビを見たくなかった。

だから、子供には好きなテレビを気持ちよく見てほしいと思っていたが、ちょっと自由過ぎたと反省している。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク