子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

ブックオフで、子供のための児童書を購入

ブックオフに行って、子供のための児童書を購入した。

1冊目は「ルドルフとイッパイアッテナ」斉藤洋・作

東進オンライン授業で小学3年生の頃に、教材として使用され、子供に親しみがあるから選んだ。

1,300円が300円の価格になっていた。

2冊目は「さよなら、おばけ団地」藤重ヒカル・作

少し怖い方が、ドキドキしながら読んでくれるかもっと選びました。

1,400円が110円の価格になっていた。

3冊目は「アヤカシ薬局閉店セール」伊藤充子・作

なんとなく読みやすいかなっと思った。

1,200円が220円の価格になっていた。

児童書は意外と高額なので、ブックオフは助かりますね。

子供が読まないかもしれないし、処分する時、躊躇せずに処分できる。

子供が本を読んでいる時は、私も一緒に本を読むようにした。

でも、相変わらず、子供は本嫌いですね。

テレビやゲームを完全排除した家庭じゃないと厳しいのかも...。

幼い頃にたくさんの絵本を読み聞かせ、本が道楽のように感じるような生活をしないといけないのかな。

まず、今さら、そのような生活はウチでは無理なので、少しでも本を読む時間を作っていくしかないようだ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク