子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学4年生になりました。

慢性上咽頭炎を治すぞ!

慢性的な喉の炎症の悩み

私は気管支が弱く、慢性的な喉の炎症に悩んでいます。

コロナ禍、以前よりずっと喉に炎症があり、赤くなっていないことの方が珍しいくらい。

喉の奥に何かひっかかっている感じがする。

以前、有名な耳鼻咽喉科に通っていました。

でも、結果的に解決しなかった...。

金額の高い漢方薬の処方箋を出され、飲み続けていたが、少し解消されるだけだった。

漢方薬を飲み続けないといけなく、金銭的にもツラいので、コロナ禍になってから通うのをヤメた。

そんな時「つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい」堀田修著の本を見つけ、楽天ブックスで注文した。

f:id:fukumiminet:20220307155308j:plain

上咽頭は、鼻と口の繋がっている部分の奥側。

「慢性上咽頭炎」だと、様々な不調の原因になっているとのこと。

もしかしたら、私の炎症の原因は「慢性上咽頭炎」かもしれないと思ってきた。

「慢性上咽頭炎」の治療をしてくれる病院も本に掲載されている。

自宅から一番近く、距離はあるが歩いていける範囲の病院へ行こうと思ったら、閉院されていた...。

次に近い、車で行ける範囲の病院へ行ってみようと思います。

花粉症がピークなので、花粉の時期が落ち着いた頃に行ってみます。

料金は上咽頭内視鏡検査+EATの初回料金が13,500円と高め。保険適応外なのかな。

でも、これで解消できるのなら安いかも。

その前に、本を読んで自分でできることをやろうと決意した

私は、鼻から吸って口から出す鼻うがいができません...。

多分、この鼻うがいができたら、快適だったことだろう。

何度もチャレンジしたが、口から出ず、どこか違うところに流れていってしまう。

鼻から鼻はできるので、無理をせず、そちらからとりあえずやっていきます。

鼻うがいの「ハナノア」を買ってきて、早速、やりました。

f:id:fukumiminet:20220308150714j:plain

鼻は快適になったが、やはり喉の奥の違和感は残ったまま。

この違和感を早く取り除きたい。

長時間走ったり、プールで泳いでいる時に、カポッと青みがかった十円玉くらいの痰が出る時があった。

この痰が出たら、めちゃくちゃ快適に息ができた。

イメージ的にこの痰が喉奥のどこかに溜まり、ちょっと出てきて、ひっかかっている感じがするのだ。

「慢性上咽頭炎」がそんな感じを起こさせているのかもしれない。

咽頭捲綿子を持っているので、塩化亜鉛を染み込ませ、喉奥に塗ってみたいと思います。

あと、寝ている間の口呼吸がいけないらしく、口にテープを貼って寝るのを試みてみます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク