子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

東京オリンピック2020閉会式を見た感想

東京オリンピック2020閉会式が行われている時、Twitterでは「つまらない」とのコメントが多かった。

確かに、普段の東京の日常を表現とパフォーマーが登場したが、普段の東京っぽくないし、賑やかさを表現したかったのに、広い会場にしては少ないパフォーマーで、寂しさを感じた。

「パフォーマーは悪くない、悪いのは演出家」とのコメントも多かった。

スカパラを出すなら、個人的には志村けんさんがビジョンだけでも登場したら、胸が熱くなっていただろう。

コロナ禍で大人数での演出ができないのだから、プロジェクションマッピングに頼るしかないのだが、ゴタゴタして、演出が決まらなかったり、変更が多かったりしてうまくできなかったのでしょうね。

閉会式のつまらなさから、リオでの閉会式の安倍マリオは最高だったと再び取り上げられた。

今回の東京オリンピック2020開会式・閉会式からしたら、クオリティが高いし、ゲームとアニメ、キャラクターとの融合もうまい。日本からリオへの移動の演出も素晴らしかった。

当然、マリオが今回も登場すると思われていたが、MIKIKOさんを外したことにより、MIKIKOさんのアイデアをパクったと思われないため、ニンテンドー関係は使われなかったと予想される。

叶わなかったMIKIKOさん演出の開会式を見たかった人は多いはずだろう。

それから、東京五輪のマスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」がテレビなどに全然登場しなくて、せっかく着ぐるみも作っているのにもったいない感があった。

f:id:fukumiminet:20210809115624j:plain

無観客席でこっそり応援していた姿がTwitterで取り上げられたくらい。

いろいろあり過ぎた「呪われた東京五輪」は、幕を下ろしたのでした。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク