子育て日記|子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。小学3年生になりました。

「ぼくらはズッコケ探偵団」を入手。

子供の絵本を処分した。

と言っても、思い入れのある絵本以外、全部処分しようと思ったが、半分残されてしまった。

でも、半分はブックオフへ持っていった。

約2千円くらいで引き取ってもらい、代わりに四谷大塚オンラインで教材になっている「ぼくらはズッコケ探偵団」の文庫本と星新一の「きまぐれロボット」を購入した。

f:id:fukumiminet:20210410195007j:plain

「ぼくらはズッコケ探偵団」は、初めて子供が続きを読みたいと言ったからだ。

「きまぐれロボット」は、私の思い入れのある一冊。

私立の高校受験の時、初めて面接があり、趣味を聞かれ適当に「読書」を答えてしまい「最近、何の本を読みましたか?」と返された。

その時、緊張から星新一の作者の名前が出ず、長めの沈黙の後「きまぐれロボットの本を読みました」と答えたのだった。

恥ずかしく顔が真っ赤になっていたことでしょう。

それから「きまぐれロボット」が思い出の一冊になったのでした。

その本の児童書があったので、子供が読んでくれないかな?っと選んだのでした。

ブックオフのアプリ表示について

さて、ブックオフですが、絵本を売る時にアプリを表示して、その流れで同じスタッフから本を購入したのに「アプリの提示がなかったので後付けできません」と言われた。

いやいや、アプリの準備をしようとしていたのに、レシートを発行され、アプリの有無を聞かれなかったと言い、バイトリーダーらしき人がやってきて再び「後からできません」と言われたが、事情を説明したら「こちらの不手際でしたらできます」と再度、やってもらった。

たった9ポイントのアプリポイントでしたが、なんか嫌なダメージを受けたのでした。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク