子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。

AIでよみがえる美空ひばり、新曲発表「あれから」

たまたまテレビを付けた時に、NHKスペシャルで「AIでよみがえる美空ひばり」が放送されており、ちょうど歌うところからだった。

f:id:fukumiminet:20191005105900j:plain

それも新曲発表とある。いきなりめちゃくちゃ感動した。

その後、再放送を録画して、最初から見ることができました。

美空ひばりさんの歌声を分析して、AIによる解析をして、どんな歌でも歌えるようにしていく。美空ひばりさんの歌い方は特殊でかなり苦労された様子が伺えた。

そして、秋元康さんによる作詞で新曲「あれから」が発表された。

正直、CG映像が「龍が如く」のようなゲームっぽく、動きも少しぎこちなさを感じたが、それでも歌声は素晴らしかった。

ネットやTwitterにもCG映像だけ難色を示す人が多かったが、その他は大絶賛の意見のようだった。

新曲の歌は、本当に天国から美空ひばりさんが舞い戻った感覚に陥りました。

AIというと、よく映画でネットを支配してしまい、人間に恐怖を与えるような内容があり、使い方を間違えると不安や怖さを感じる場合がありますが、こんなにも人を感動に包み込むことができるということを実証した内容でした。

反対意見の方にも、美空ひばりさんの新曲に関しては許してくれそうだ。

録画した分を繰り返し、聴いているが、聴く度に涙が出て来ます。とくに美空ひばり世代でもなく、美空ひばりさんの歌をよく聴いていたわけでもないのに、なんでこんなにも心を揺さぶられるのだろう。

それだけ、美空ひばりさんの存在が絶大だったのでしょう。

しかし、ずっと繰り返し聴いていると感動より、切ない気持ちになってきた。

小林旭さんに「あれから」という曲があるのに驚いた。

2019年の紅白歌合戦にも登場!

おそらく、紅白歌合戦にも登場して、目玉になりそうだが、CG映像だけ手直ししてほしいなぁ。

ゲームっぽくなく、本物に近づけずに、少しファンタジーっぽくしてみてもいいのかも。難しい判断だけど。

やはり、紅白歌合戦に登場が確定した!

問題は、不評だったCGが直されているかどうかですね。

美空ひばりさんの次は尾崎豊さん?

美空ひばりさんの次は?となると尾崎豊さんとなりそうだが、尾崎豊さんはご自身で作詞作曲をしていたから新曲は厳しそうだ。

もし仮に新曲を作るとなると、息子の尾崎裕哉さんでなければファンは納得しないような気がします。

私は、尾崎豊さんの開催されなかったコンサートのチケットを購入していた。

昔のバイト先の車に、私自身の尾崎豊のベストアルバムをカセットテープに作り、車で聴いていた。そのカセットテープをカーオーディオに入れっぱなしにして忘れていた。

すると、バイトで一緒だった友人たちが車に乗り、いつの間にか、みんな尾崎ファンになってしまっていた。みんな口ずさんでいたから、聞いてみるとカセットテープを聴いていたようだ。

それでみんなでコンサートへ行こうってなった。

ニュース速報に尾崎豊さんが亡くなったテロップが流れた時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。

でも、その前の最後となったコンサートへ行っていたのが救いでした。それが最初で最後の私自身の尾崎豊さんのコンサートになった。

AIで尾崎豊さんを見たいと思うのと、同時に見たくないというのもある。

きっと満足できるものではないと思うからである。やっぱり見たくない方が強いかも。

個人的な希望としては、美空ひばりさんのAIのクオリティを上げることだけに専念してほしい。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク