子供は小学1年生

小学1年生になる子供の関心や悩みを一緒に考えます。

仮面ライダージオウの最終回を見ての感想

ついに、仮面ライダージオウが最終回を迎えた。

平成ライダーは、ビルドの途中から見始め、ジオウは、最初から最後まで見た。

ヒーロー系の笑いは、笑えないことが多いが、ジオウはいい感じのボケ具合で笑えて楽しかった。

平成ライダーの振り返り部分は、理解できない箇所が多かったが、基本的に楽しめた。

最終回は、かなりよかった。

まず、グランドジオウの姿は最初、てれびくんの雑誌で見た時、ゴチャゴチャしていて正直ダサいと思ってしまった。

主演の奥野壮もデザインを見た時は戸惑ったようだ。

しかし、変身シーンは平成ライダー総まとめ感があり、歌も心地よくって何度も見たくなってしまった。

f:id:fukumiminet:20190826111748j:plain

そして、ゲイツが死んでしまって、怒りによりオーマジオウドライバーが出現する。

もう少し、怒りのシーンが長くてもよかったような気がしたが、時間の都合上、仕方なかったのかもしれない。

f:id:fukumiminet:20190826111814j:plain

ついに、常盤ソウゴがオーマジオウへと変身!

f:id:fukumiminet:20190826111824j:plain

映画版のオーマジオウは、少し姿が違ったので、どうなるのかなっと思っていたが、第1話から登場しているオーマジオウの姿でした。

f:id:fukumiminet:20190826111840j:plain

最強の仮面ライダーの登場。

f:id:fukumiminet:20190826111855j:plain

オーマジオウが「ウォズ、祝え」「祝えと言っているんだ」のセリフも笑えた。

f:id:fukumiminet:20190826112109j:plain

それを聞いたウォズが戸惑っているところもよかった。

ウォズ「祝え!時空を超え、過去と未来を知らしめす究極の時の王者。その名もオーマジオウ。歴史の最終章へ辿り着いた瞬間である。」

そして、最終的に仮面ライダーの記憶が消え、みんな学生になってしまう。

その学園ものが、ゲイツ主役のVシネマの映画「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」へ繋がるようだ。

仮面ライダーゼロワンへ

令和1号の仮面ライダーゼロワンは、平成ライダーとの絡みはないように思われたが、ジオウは、次の仮面ライダーの冬公開の映画に登場するようだ。

ジオウは時空を超えれるから、その理由で登場するのかもしれない。

ゼロワンからスーツアクターが変わるので、動きのキレがよくなっている。

人工知能AIによる話の展開のようだが、楽しみですね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク