ゲンサク

元気炸裂のゲンサクです。日常の体験談や話題のニュースをお届けします。

M-1グランプリ2018の後、嫌な展開に。

M-1グランプリ2018が終わり、霜降り明星が優勝で幕を閉じた。

最後の3組が残った時、3組の中で一番売れていない霜降り明星が優勝したらいいなっと思った。

霜降り明星のネタは、漫才というより動きが多くて、べしゃりという感じではなかったが、一番笑った。

個人的には、敗者復活組にいた「たくろう」がおもしろかった。とぼけた草彅くんみたいなボケの人が、噛み合わない感じでボソボソ呟いていく感じが好きだった。

敗者復活からテレビで見ていた。審査員の上沼さん個人的な好き嫌いのコメントが、ちょっと嫌だったが、満足いくイベントだった...のはずが、意外なところで、炎上が始まった。

多分、これがなかったら、審査員の上沼恵美子さんや立川志らくさんの批判コメントが多かったはずだったが、とろサーモンの久保田かずとよ、スーパーマラドーナの武智の上沼さんに対する言い過ぎな発言が炎上してしまった。逆に上沼恵美子さんを擁護するカタチになった。さらに、上沼恵美子さんがM-1の審査員を引退宣言したから、2人に対する批判が加速しだした。

せっかく、M-1優勝で忙しくなった久保田だったのに、イッキに転落しそうだ。落ち着いた頃に「じっくり聞いタロウ」の番組で、この時の心境を告白しそう。

スーパーマラドーナの武智は、NON STYLE井上の事件の時の同乗者で、責任はなさそうな感じだったが、今回は発言をしているため、擁護の余地がなさそうだ。

スーパーマラドーナの田中のボケが好きなだけに残念。あれだけ貪欲なボケをするのに、休みたがるのは不思議。今回の件で仕事が減っても、田中には危機的な考えではないかもしれない。「さんまのお笑い向上委員会」にまたピンで出演してボケまくってほしい。

負けて悔しいだろうが、ミキの昴生がTwitterで「霜降り明星おめでとう」と呟く芸人さんがかっこよく見えた。

なんだか、優勝した霜降り明星のインパクトが薄くなってしまった。後味悪いM-1グランプリ2018になった。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク