ゲンサク

元気炸裂のゲンサクです。日常の体験談や話題のニュースをお届けします。

犬が大好きなのに飼えない。その1

私は犬が大好きだ

今まで一度も犬を飼ったことがない。
正確には、飼える環境に未だになっていないのだ。
子供の頃、実家は庭がある一軒家で、飼えそうなのだが、両親とも犬を飼うことに猛反対。
それでも食い下がって頼むとヤギならいいと訳の分からないことを言ってきた。
乳を搾れるし、エサは草を食べるから食費がかからないという。
犬が好きな理由の一つに、一緒に走れるというのがあるが、ヤギと走って、ハイジやペーターの気分を味わうのとはまったく違う。
ましてや住宅街でヤギを連れて散歩していたら、変わり者扱いされていただろう。
自分の家で飼えないから、人の家で飼われている犬を異常にかわいがった。
それは飼い主より懐かれる程。
さらに昭和50年代、私が小学生の低学年の頃、今では考えられないことだが、放し飼いされている犬が多かった。
そんな犬たちとのエピソードをまとめてみました。

コロ

幼稚園生の頃、同級生が向かいの家に引っ越してきた。
さらに、コロという茶色の雑種犬を飼い始めた。
当然、私はめちゃくちゃかわいがった。
いろいろ一緒に遊びまわったが、どんな遊びをしたかはあまり記憶にない。
子供の頃なので、次第に他の遊びに夢中になり、コロとメインで遊ぶことも減っていった。
大人になったコロは、いつしか首輪を外して、勝手に出掛けるようになる。
コロはメスだったから、妊娠・出産と衝撃的な出来事もあった。
コロが産んだ子犬を当然、私の家で飼うことは許されず、子犬一匹を残して他の家にもらわれていった。
残された子犬が脱走して、いつの間にか他の家で飼われていた。
またコロ一匹となり、その後、人に懐いていたコロが徐々に変貌していく。

シロ

近所で飼われているシロという、よく吠え、人を噛みつこうとする白い小型犬がいた。
本当の名前は知らないが、色が白いことから勝手にシロと呼んでいた。
このシロが、たまに脱走して住宅街を彷徨うのだ。
出会ってしまうと吠えて、噛みつこうとする。
小学校の下校時によく会い、体操着の入った巾着袋を振り回して応戦した。
すると、どこかへ消えていく。
そんなシロとコロが、たまに行動を共にするようになっていた。
シロと会った後のコロは、次第に凶暴化していく。

ある日の夕方、私とコロの飼い主ともう一人の友達の3人で、小学校の校庭で遊んでいた。
小学校の校舎が高台にあり、校庭が低くなっている。
校庭の遊具のところにいた私は、高台にシロがいるのを発見した。
さらにコロまでいた。
当然、私と飼い主は「コロー!」と叫んで呼ぶ。
しかし、なかなか来ようとしない。
呼び続けていると突如、コロが猛ダッシュで駆け寄ってきた。
私と飼い主は、コロの目が血走っており、危険な状態だと気付く。
「まずい、ジャングルジムの上に逃げろ」と私と飼い主は登った。
出遅れたもう一人の友達が登れず、コロに追いかけられている。
ジャングルジムの周りをグルグルと、ちびくろ・さんぼの虎ように回り出した。
もちろん、ずっと回っていてもコロがバターになったりはしない。
「早くジャングルジムに登れ!」というも、登る瞬間に噛まれると思っているのか、なかなか登れない。
ついには「もぉ、助けてよぉ~」と泣きながら走っている。
ヒョイと登ればいいのに、泣きながらグルグル回り続ける状況が可笑しくなり、私と飼い主は大笑い。
仕方なく、私と飼い主でコロを惹きつけ、やっと3人とも登ることができた。
これがコロとの最後の一番の思い出だ。
その後、抜け出せないように、しっかり繋がれたコロは大人しくなった。
自転車で行ける範囲だが、また同級生一家は引っ越していった。

その2へ、つづく。

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク