ゲンサク

元気炸裂のゲンサクです。日常の体験談や話題のニュースをお届けします。

マンションの隣人の騒音問題

またしてもマンションの隣人の騒音問題が起こることになるとは...。
隣人の騒音問題は、今までの人生で多い方だと思う。

はじめての一人暮らしの時

木造のロフト付きワンルームの部屋を借りた。
2階建ての2階の部屋だったから、上からの騒音はないが、隣のカップルが頻繁に喧嘩しており、怒鳴りあう声がよく聞こえた。
夜は、ヘッドフォンをして音楽を聴きながら寝て対処していた。

2度目の一人暮らしの時

それから一旦、実家に戻り、再び一人暮らしへ。
鉄筋コンクリートの新築のマンション。
たしか10階建ての9階の真ん中の部屋。
両側に人が住んでいる状態。
角部屋がよかったが、急いで決めたため、新築っていうだけで決めたようなもんだった。

住んでわかったのが、隣との壁が異常に薄いということ。
本当にベニヤ板一枚のような感覚。
普通の話声が聞こえる...。木造アパートより酷いレベル。
さらに上の階に大家が住んでおり、ずっと改装している。
仲介業者に電話しても「大家さんなので...」との返答。
最悪だったのが、隣のカップルがイチャついている時。
声を聞かれないためか、音楽を大音量で流すことだった。
「うるさいなぁ」とつぶやくと「うるさいだって」と返ってきた…。

工事現場の防音シートを買って壁に貼ろうか本気で考えた。
しかし、ネットで調べると防音シートは、高額だったら諦めた。

これ以降、引越し先の検討時の内覧して回る時、壁をノックして叩くようになった。
ベニヤ板を叩くような音の時は、危険信号。
きちんと石膏ボードが入っている音がしたら、少し安心。
実際に住んでみないと分からないから、知り合いが住んでいたり、以前、住んでいた人に聞き取りができたら、嬉しいですね。

分譲マンションだから安心?

それから、転々として現在、中古の分譲マンションに住んでいる。
分譲マンションといってもかなりレトロなマンション。
隣が空き部屋というより、物置状態だった。

その空き部屋の向こうの2つ隣が、音楽教室をやっており、それもオペラ。
結構、大きな歌い声やピアノが聞こえていたが、2つ隣だからそんなに気にならなかった。
ただ、下の階の方は、かなりツラかったようだ。
その後、音楽教室の方は引越しされ、今は大人しい男性1人が住まれている。

問題なのは、隣の物置状態だった部屋の所有者が亡くなられたそうで、いつの間にか売りに出され、母親と大きな息子が引っ越してきた。
改装中、ルール違反で夜中まで作業し、散々迷惑だったが、それよりも引っ越してきてからが大変だった。
夜から朝まで大音量でテレビを付けていることだ。さらに窓を開けているから、共同の通路はテレビの音が丸聞こえ...。
寝ていないの?
もしくは、テレビを付けたままじゃないと寝むれないのか。

隣と揉めたくないし、何か対策を考えないといけなくなった。
防音のため、カラーボックスを縦に2段重ねして、壁を一面覆うことにした。
まだ途中だが、少しは効果があるようだ。
地震の際、倒れてこないように、固定もしないといけない。

レトロとはいえ、分譲マンションでも騒音問題に直面するとは思わなかった。
防音シートがもう少し安価で、シンプルな白で登場したらいいなぁ。

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク