ゲンサク

元気炸裂のゲンサクです。日常の体験談や話題のニュースをお届けします。

スノーボードとウェイクボード

スキー嫌い

高校の修学旅行は、スキー場だった。
修学旅行に行く数日前に先生が授業前、教室の中がガムの匂いがするっと冬なのに窓を全部開けられ、とんでもなく寒かった。
ゾクゾク感が残り、最悪なことに、修学旅行1日目の目的地に着く直前、熱が出ているのに気付く。
中学、高校と風邪で学校を休んだことはなかった。
よって、風邪引くと思っていなかったので、風邪薬を持参していない。
付き添いの保険の先生に訴えても風邪薬をくれない。
どんどん熱が上がり、倒れるまで風邪薬をくれなかった。
やっと風邪薬をもらっても、すでに遅い。
熱は引かずに寝たきりになり、3日目の朝にやっと病院に連れて行ってくれて、看護師に始めてお尻から解熱剤を入れられる。
高校生だったから、四つん這いの格好をさせられて、すごい恥ずかしかった。
衰弱しまくっていたから、女の子みたいに腕が細いとも言われた。
それがショックで、その後、腕を鍛えまくった。

3日目の昼から、治っていないが、せっかくだからとスキーをすることになった。
みんなは、3日目なのである程度、滑れるようになっている。
私は、女子に混ざっての初歩のスキーレッスンを受ける。
嫌だったので、すぐに滑れることをアピールし、みんなと一緒のコースへ行けるようになった。

しかし、八の字で緩やかな場所で止まれるようになった程度なのに、山の頂上へ連れていかれた。
止まれない恐怖と戦いながら、前の人に後ろからくっつき、2人でも止まれない。
男同志で、くっついた人には申し訳ないが、離れることもできない...。
なんとか、降りてきてスキーはもう懲り懲り。
スキー嫌いになった。

スキーにハマる

それから、大学生の時、高校の先輩からスキーに誘われる。
もちろん断るが、お金は全部出すと言われ、行くことにした。
めっちゃ楽しかった!
自己流の滑り方だが、なんとか滑れるようになり、軽くジャンプもできるようなった。

それから、先輩と何度も行くことになる。
ある時、スノーボードに切り替え、やってみることにした。
インストラクターなどに教えてもらわず、自己流でやったもんだから、逆エッジしまくりで、派手にコケた。
その時、右手首を痛めてしまった。
今でも、少し後遺症が残っている。

巣立ち

スノーボードが上手くになりたいため、スノーボードショップへ一人で行く。
訪れたショップは、ディープな方々が集まるところだった。
パウダースノーを追い求める人たち。
まだ今みたいに認知度がなかった北海道のニセコへ行く連中。
私も仲間になり、パウダースノーを追い求めるようになる。
案内人と共にビーコンを付けて、ゲレンデではなく、歩いて雪山を登り、フカフカのパウダースノーを滑って降りてくるのだ。
ニセコには、プロスノーボーダーも多く滞在していて、案内人と仲良しということで、一緒に滑ったこともあった。
一番衝撃だったのが、ゲレンデで自分にとってはトップスピードで滑っており、そろそろ自分でコントロールできないから、連中と離脱しようと思った時、横に逆さまのプロスノーボーダーの顔があった。
えっ、このスピードで縦回転!?
ゲレンデを滑り終えると、プロの方から「早く滑るようになったね」だって。
こっちは、ギリギリのスピードだったのに
エピソードはまだまだたくさんあるが、このくらいに。

ウェイクボードブーム

ウェイクボードが日本にやってきた時、真っ先にやりだした。
まだ引っ張れるボートを所持している人がいなかったので、遠出して乗りに行っていた。
しかし、軽くジャンプができる程度で、回転技ができずにヤメてしまった。

でもやっている時は、自分もプロを目指そうと思っており、船舶免許を取得して、休みの日の天気がいい日はずっとやっていた。
一緒にやっていた何人かはプロになったが、今はリタイアして、別の職業になっている。
回転技ができたら自分も、もう少しプロを目指して頑張っていたかも。
楽しかったなぁ。

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク